素朴な調査:オラクルに接続した際のプロセスについて

今回はオラクルのセッションのプロセスについて見てみる。ずばり、ローカル接続とリスナー経由接続の違いについて。

環境:2 node RAC

1. ローカル接続の場合

DBに対しローカル接続をする。

[oracle@node1 ~]$ sqlplus scott/tiger

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on 火 11月 21 18:42:14 2017

Copyright (c) 1982, 2014, Oracle.  All rights reserved.

最終正常ログイン時間: 火 11月 21 2017 18:41:35 +09:00


Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.2.0 - 64bit Production
With the Partitioning, Real Application Clusters, Automatic Storage Management, OLAP,
Advanced Analytics and Real Application Testing options
に接続されました。

SQL>


OS上のプロセスは以下で検索できる。

ps -ef | grep oracle$ORACLE_SID

まずは該当のプロセスを探す。

[oracle@node1 ~]$ ps -ef | grep oracleorcl_1
oracle   10375     1  0 18:32 ?        00:00:01 oracleorcl_1 (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
oracle   10385     1  0 18:32 ?        00:00:00 oracleorcl_1 (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
oracle   14892 14891  0 18:43 ?        00:00:00 oracleorcl_1(DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq))) <-- これ
oracle   15314 14473  0 18:47 pts/2    00:00:00 grep oracleorcl_1

続いてプロセスの親をたどっていく。

[oracle@node1 ~]$ ps -ef | grep 14891
oracle   14891 14240  0 18:43 pts/1    00:00:00 sqlplus
oracle   14892 14891  0 18:43 ?        00:00:00 oracleorcl_1 (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
oracle   15366 14473  0 18:48 pts/2    00:00:00 grep 14891

[oracle@node1 ~]$ ps -ef | grep 14240
oracle   14240 14226  0 18:39 pts/1    00:00:00 -bash
oracle   14891 14240  0 18:43 pts/1    00:00:00 sqlplus
oracle   14917 14473  0 18:43 pts/2    00:00:00 grep 14240

[oracle@node1 ~]$ ps -ef | grep 14226
oracle   14226 14174  0 18:39 ?        00:00:00 sshd: oracle@pts/1
oracle   14240 14226  0 18:39 pts/1    00:00:00 -bash
oracle   14934 14473  0 18:43 pts/2    00:00:00 grep 14226

[oracle@node1 ~]$ ps -ef | grep 14174
root     14174  2558  0 18:39 ?        00:00:00 sshd: oracle [priv]
oracle   14226 14174  0 18:39 ?        00:00:00 sshd: oracle@pts/1
oracle   14992 14473  0 18:44 pts/2    00:00:00 grep 14174
[oracle@node1 ~]$ ps -ef | grep 2558
root      2558     1  0 18:22 ?        00:00:00 /usr/sbin/sshd
root     14174  2558  0 18:39 ?        00:00:00 sshd: oracle [priv]
root     14411  2558  0 18:39 ?        00:00:00 sshd: root@pts/2
oracle   15017 14473  0 18:44 pts/2    00:00:00 grep 2558


これを見る通り、ローカルの場合、sqlplusからプロセスがforkされていることが分かる。
プロセスがsqlplusだけだったのが意外。


ちなみにPROTOCOL=beqとはなんぞやと思い調べてみると

https://docs.oracle.com/cd/E49329_01/network.121/b71288/concepts.htm#sthref128

クライアントとデータベースが同じコンピュータ上に存在する場合、クライアント接続は、リスナーを経由せずに専用サーバー・プロセスに直接渡すことができます。これは、bequeathプロトコルとして知られています。セッションを開始するアプリケーションは、接続要求に対する専用サーバー・プロセスを生成します。データベースの起動に使用されるアプリケーションがデータベースと同じコンピュータ上にある場合、この処理は自動的に実行されます。

とのこと。ローカル接続を意味しているってことかな。

2. リスナー経由の接続の場合

[oracle@node1 ~]$ sqlplus scott/tiger@node1-vip.oracle12c.jp:1522/orcl

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on 火 11月 21 18:54:35 2017

Copyright (c) 1982, 2014, Oracle.  All rights reserved.

最終正常ログイン時間: 火 11月 21 2017 18:54:12 +09:00


Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.2.0 - 64bit Production
With the Partitioning, Real Application Clusters, Automatic Storage Management, OLAP,
Advanced Analytics and Real Application Testing options
に接続されました。
SQL>
[oracle@node1 ~]$ ps -ef | grep oracleorcl
oracle   10375     1  0 18:32 ?        00:00:01 oracleorcl_1 (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
oracle   10385     1  0 18:32 ?        00:00:00 oracleorcl_1 (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
oracle   15859     1  0 18:54 ?        00:00:00 oracleorcl_1 (LOCAL=NO) <-- これ
oracle   15904 15526  0 18:55 pts/1    00:00:00 grep oracleorcl

親プロセスが1なのでこれより先に親はいない。

ちなみにリスナーのプロセスも確認したが他に親子関係を持つプロセスもないことがわかる。

[oracle@node1 ~]$ ps -ef | grep tns
root        23     2  0 18:20 ?        00:00:00 [netns]
grid      4787     1  0 18:25 ?        00:00:00 /u01/app/12.1.0/grid/bin/tnslsnr ASMNET1LSNR_ASM -no_crs_notify -inherit
grid      4789     1  0 18:25 ?        00:00:00 /u01/app/12.1.0/grid/bin/tnslsnr ASMNET2LSNR_ASM -no_crs_notify -inherit
grid      4791     1  0 18:25 ?        00:00:00 /u01/app/12.1.0/grid/bin/tnslsnr MGMTLSNR -no_crs_notify -inherit
grid      4846     1  0 18:25 ?        00:00:00 /u01/app/12.1.0/grid/bin/tnslsnr LISTENER -no_crs_notify -inherit
grid      4870     1  0 18:25 ?        00:00:00 /u01/app/12.1.0/grid/bin/tnslsnr LISTENER_SCAN2 -no_crs_notify -inherit
grid      4884     1  0 18:25 ?        00:00:00 /u01/app/12.1.0/grid/bin/tnslsnr LISTENER_SCAN3 -no_crs_notify -inherit
oracle   15825     1  0 18:54 ?        00:00:00 /u01/app/oracle/product/12.1.0/homeDB/bin/tnslsnr LISTENER_TEST -inherit
oracle   16291 15526  0 19:00 pts/1    00:00:00 grep tns
[oracle@node1 ~]$ ps -ef | grep 15825
oracle   15825     1  0 18:54 ?        00:00:00 /u01/app/oracle/product/12.1.0/homeDB/bin/tnslsnr LISTENER_TEST -inherit
oracle   16344 15526  0 19:00 pts/1    00:00:00 grep 15825
[oracle@node1 ~]$

まとめ

ローカル接続とリスナー経由接続でのプロセスの違いについて調査した。
ローカル接続、リスナー経由の接続ともに独立してプロセスが立てられる。って当たり前か。
ローカル接続の場合のprotocolはbeqになり、リスナー経由の場合はLOCAL=NOという情報のみになる。