冬場の自宅でのデスクワーク環境改善へ向けて~仮説~

今回は冬場の自宅でのデスクワークに向けて。


ずいぶん前に、机の位置と集中力というタイトルで、デスクワークにおいて机の位置が集中力に及ぼす影響ついての記事を書いた。


今回はそれに関連したものである。


主題:冬場のデスクワークにおいて、集中力を上げる(机に長時間座っていられる)ようにするために効果的な取り組みについて


ことに、冬場のデスクワーク、といっても自宅で机に向かって何かをする時には、その寒さから長時間座っていられない。
手はかじかむし、足元は寒いし。


集中していれば寒さなんて関係ないのでは?

とか

寒い方が集中できるのでは?

とかいう声が聞こえてきそうであるが、書生のように怠け者で集中力が続くほど熱心に取り組めるようなそんな素敵趣味や取り組みがない人間には中々難しいものである。


であれば環境をとことん変えてやろうという作戦である(またか


昔なにかの本で、「人が変わる要因に多大なる影響を与えるのは環境である」

というのが書いてあったとおり、環境により人は変わると信じてやってみようと思う。

冬場のデスクワークにおいては以下の流れにより書生は長時間椅子に座っていられない。つまりデスクワークが全然はかどらないのである。

部屋が寒い
 →身体が冷える
  → 作業しようにも指先は冷たく手が思うようにうごかない
   → エアコンを入れたところで足下は寒いまま
    → 布団へ避難。ぐーたらな姿勢でネットサーフィン
     → 寝落ち OTL

こんな感じ。

というわけで、寒さ対策としての今回の仮説

末端をあたためることで冬場のデスクワークははかどる


これが実際にどうなのかを実験していこうと思う。

え?そんなの当たり前じゃないかって?良く言われているだって??

書生はサッカー日本代表の内田選手と同じで、自分が経験したことしか信じないタイプなのである。(つまりは実感として経験したことがないということである



とまあ、それはさておき、今回書生が取り組む予定は足下の保温である。

手先はエアコンをつけ部屋が暖かくなればある程度なんとかなるが、足下はエアコンでは中々あたたまらない。


そこで、足下をあたためようと思ったため、色々調べてみると以下のアイテムが候補に上がった。


・床暖房マット的なものを敷く
  値段高。とても便利そうだが、正直冬だけ使用するために購入するのはどうなのだろうか。。。(書生は一人暮らしで収納もそこまでなので

・足ゴタツ
  値段中。過去に使用経験あるが、面積が狭いので身体に自由度がなくなり緊張しそう。。。

・あったかそうなスリッパ
  値段安。ただ、そもそもそんなに暖かくなるのかという点が疑問。。。あと足が蒸れそうなので手入れのコストもかかりそう。

上記3つの候補の中で、収納面、料金面でのメリットが大きいスリッパを試してみようと思う。


これについての効果は後日改めて報告しようと思う。

ではでは。