逆境をはねのけ勝手に結果にコミット〜筋トレ3ヶ月たった今思う事

そうなのだ。

ちまたで騒がれている

だらしない身体の芸能人達が大金をはたいて

ついでになぜか日焼けした状態で結果にコミットとか言っているが

書生は二ヶ月たった後、通っていたジムの料金値上げという憂き目に遭いながら

区営ジムへと軽やかに行き先を変更しコミットした。


トレーニングを始めてからは3ヶ月がたった。


今の状態は、はっきりいって久しく忘れかけていた自信を

肉体が取り戻してくれたというべきだろうか。

まあ、結果にコミットしたのである。

トレーニング2ヶ月たった頃は、中々減らない体脂肪に対して

食生活の改善などを行ったりしていたが、

結局フルーツダイエットをするわけでもなく

夜の食べ物もそんなに気を使わず(多少炭水化物は意識して控えるようにしたが)


この1ヶ月(5月)で2kg体重が落ちた。

トレーニングを始めた一か月目は体重が1kg増えたことを考えると

3kg減である。

3ヶ月という時を経て、約1ヶ月に1kgの減量という

それなりに帳尻を合わせた形である(何に?まあいいではないか


そして筋トレをしていることで、
ただの食事制限による体重の減少ではありがちないとも容易いリバウンドを
多少なりとも阻止できるのではないかと期待している。

夜お腹が空くという状態もここ最近はよくあるしそれが少し心地よい。

空腹状態が集中力を高めるという説もあるとのことで

書生のコンディションは中々良い。


何より嬉しいのは、適度にストレスを感じないように夜であってもラーメンが食べたければラーメンを食べるし

飲み会でも特に気にしなくてもよくなったことである。


強靭な身体は強靭な精神を宿すのではないかと思うくらい

どこか毎日が積極的だ。

なんか自信がみなぎってくる。





とまあ、3ヶ月トレーニングするとこんな感じであった。書生の場合は。


しかしここからが勝負である。
というのもこれまでも筋トレなどは3ヶ月がマックスだったからである。

継続は力なりということで、今後続けていけるかが勝負なのである。
結果をロールバックしてしまわぬよう、気をつけねば。

しかしてこの経験により嬉しかったことは

毎日顔を合わす人からも、最近体つきが変わった、痩せた、イケてる

ということである。

普通、毎日顔を合わしていたらその変化に気づく人はほとんどいない(と思っている

が、さすがに3kg減ってくると分かるようだ。



とまあ興奮気味に久々の更新をしているが

何事も結果が出るのには時間がかかるということを再確認。

そして、何を思っていても、どんなに煩悩を抱えていても

行動こそが前進するためには大事なのだ。

ある哲学者の言葉が思い出される。



「生きるとは呼吸することではない 行動することだ」


そう、行動だ。


こういう事書いていると意識高い系乙的な感じであるが、
所詮最期は石ころと同じである。


美しい人生を

限りない喜びを

である。

この胸のときめきを伝えたい。そう、シゲルマツザキに。