ウイスキー 飲み始めました

最近、ウイスキーを飲み始めた。

飲み始めたと言っても、単に飲むというのではなく、

銘柄を意識し、違いを自分の中で理解しながら飲み始めた。


酒の味もよくわかっていない頃にはウイスキーに対し

酔いやすくて大人な感じで
たくさん飲んでたらかっこいいかも

的な下心で飲んでいた。したがって、それまで飲んでいたウイスキーの味を私はほとんど覚えていない。
おいしかったなと覚えているのは
バランタインのフィネストとジャックダニエル

バランタインのフィネストはどこかバニラっぽい味がして、印象に残った記憶があった。

ジャックダニエルについては友人が美味しいと言ったのに影響されてこれは美味しいのだろうという感じで
実際にはあまり味を覚えていない。

当然この頃はウイスキーにはモルトウイスキーとグレーンウイスキーがあることや
シングルモルト、ヴァデッドモルトという言葉など知らなかった。

それから時は流れ現在。

書生もそろそろ味の違いが分かる大人になろうと思い始めたのである。


ウイスキーについて少し勉強してから分かったことは、スーパーなど
よく見かけるウイスキーはだいたいがグレーンモルト麦芽以外)であり、書生はこれまで
シングルモルトのウイスキーを飲んだことがなかったということ。

そこでまずこのシングルとグレーンの違いを感じるべく実は予習として自宅で
山崎のシングルモルト小瓶
アーリータイムズのイエロー

を飲み比べてみた。


飲み方はロックで。結果はアーリータイムズの方が山崎に比べて少し甘め?で
山崎はなんかきりっとしたような、後味がすっきりするような味だった。

どちらが好きかと言われれば、気分に依るという感じだろうか。。。
といってもまだまだ本当に味の違いが分かっているかも怪しいのだが。。。


そんな感じで始まったウイスキーの味が分かる男になるプロジェクトだが

先日バーに挑戦し、本で得た知識から飲んでみたかったウイスキーを飲むことに成功した。

そのウイスキーとは、知らない人はいないであろう(なんとなく
マッカラン 12年

である。
なんかシングルモルトでは相当に有名らしい(今調べたらシングルモルトロールスロイスらしい)。

ロックで頼みいざ飲む。

感想としては、それが丸氷のおかげなのかは不明だが、
とてもやわらかい口当たり。後味もそのままで、同じシングルモルトでも山崎とは全然違った。

なんというか、初心者は皆好きになるのではないかというような
ウイスキーを飲むハードルを非常に下げてくれるような
とにかくやわらかかった。それに尽きる。というかそれしか覚えていない。


ひとまず現時点で一番好きなウイスキーはと聞かれれば
ダントツで一位である。

さて、今後いくつのウイスキーが書生を楽しませてくれるのだろう。

次は産地で攻めてみようかななどと思いを巡らせるのであった。