rmanな日々

最近RMANの勉強をしている。というか、DBのバックアップやリカバリ。


今回悩ましいのは制御ファイルのバックアップ。

何でも、rmanで制御ファイルの自動バックアップ設定をしておけば、
制御ファイルをそこからリストアできるらしい。

#自動バックアップの設定
$ rman target /
RMAN> configure controlfile autobackup on;

この設定をした後に、DBを起動し
制御ファイルを別の場所に移動すると、DBのシャットダウンが正常にできなくなる。

SQL> shutdown immediate
ORA-00210: cannot open the specified control file
ORA-00202: control file: '/u01/app/oracle/oradata/sales/control01.ctl'
ORA-27041: unable to open file
Linux-x86_64 Error: 2: No such file or directory
Additional information: 3

なのでshutdown abortでDBを強制停止した後に、rmanを用いて制御ファイルのリストアを試みる。

[oracle@localhost ~]$ rman target / 
#インスタンスの起動
RMAN> startup nomount;
Oracle instance started
Total System Global Area    1085640704 bytes
Fixed Size                     2212536 bytes
Variable Size                838864200 bytes
Database Buffers             234881024 bytes
Redo Buffers                   9682944 bytes
#dbidの設定
RMAN> set dbid 8374927
executing command: SET DBID
database name is "SALES" and DBID is 8374927

さて、いざリストア!

RMAN> restore controlfile from autobackup;
Starting restore at 02-DEC-14
allocated channel: ORA_DISK_1
channel ORA_DISK_1: SID=19 device type=DISK
recovery area destination: /u01/app/oracle/flash_recovery_area
database name (or database unique name) used for search: SALES
channel ORA_DISK_1: no AUTOBACKUPS found in the recovery area
channel ORA_DISK_1: looking for AUTOBACKUP on day: 20141202
channel ORA_DISK_1: looking for AUTOBACKUP on day: 20141201
channel ORA_DISK_1: looking for AUTOBACKUP on day: 20141130
channel ORA_DISK_1: looking for AUTOBACKUP on day: 20141129
channel ORA_DISK_1: looking for AUTOBACKUP on day: 20141128
channel ORA_DISK_1: looking for AUTOBACKUP on day: 20141127
channel ORA_DISK_1: looking for AUTOBACKUP on day: 20141126
channel ORA_DISK_1: no AUTOBACKUP in 7 days found
RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-00569: =============== ERROR MESSAGE STACK FOLLOWS ===============
RMAN-00571: ===========================================================
RMAN-03002: failure of restore command at 12/02/2014 01:30:34
RMAN-06172: no AUTOBACKUP found or specified handle is not a valid copy or piece

あれ。。。。リストアできない。。。


とりあえず制御ファイルをmvで元の場所に戻して、DBが正常に起動するのを確認。


はてさてどうしようか。。。

曰く、
制御ファイルの自動バックアップ設定が有効になるとDBの構成が変更された時にバックアップがされる

ふむ。なんとなくDDLとかDML操作をしたら制御ファイルのバックアップが自動で取られるのかなと思いトライしたが
結果は変わらず。。。


DBの構造が変更された時ってどんなときなのだろうか。。。。

!!!
もしかして、制御ファイルに書かれてある、ファイルの場所などの情報を変更した時!?


つづく。