オラクルDB

お試し:RMANによる制御ファイル全損からのリストア、リカバリ

さて、今回は制御ファイル全損からのリストア、リカバリをやってみる。 0. 制御ファイルのバックアップの取得 制御ファイルの自動バックアップをONにしていることを確認 RMAN> show all; ... ... CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP ON; ← これ バックアップ…

お試し:RMANによるSYSTEM表領域のリストア、リカバリ

DBAにとって障害からの復旧は基本のロールである。 というわけでRMANの勉強を始めた。題名の通り、今回はSYSTEM表領域に障害が起きた時の復旧作業である。 環境:Oracle Database Multitenant Architecture 状態:OPEN SYSTEM表領域のデータファイルの場所:…

tmpfsでつまずくオラクルDB

久しぶりにオラクル関係の備忘録。ノーアーカイブログモードでコールドバックアップの実施を 手順を思い出す意味で行おうとしたら全然別のところが勉強になったというお話。コールドバックアップの手順は 1:バックアップするデータファイル、制御ファイル…

archive log mode運用では容量に注意すべし

今回はoracle dbについて、archive log modeで運用していた場合に遭遇したエラーについて。archive logモードとは、簡単に言えば、databaseの変更を記録するredoログファイルをアーカイブしたもので、このモードで運用すると、redoログファイルがローテーシ…

ファイルの実行と実行中のファイル編集の影響(実験

今回試したのが、 sqlファイルの実行中に、対象のファイルを編集したら、例えば未実行のsqlをファイルから削除したら、どのような挙動になるのか、というもの。以下、実験結果。test.sqlの中身 : create tableした後に10秒sleep、その後create tableするとい…

oracle DBとリスナーの挙動調査

状況 リスナーは動的設定とする。以下、調査結果。 1:DBインスタンスも起動されていない状態でリスナーを起動したらどうなるか結果 [oracle@localhost]$ lsnrctl services LISTENER_1 LSNRCTL for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production on 03-DEC-2014 …

rmanな日々

最近RMANの勉強をしている。というか、DBのバックアップやリカバリ。 今回悩ましいのは制御ファイルのバックアップ。 何でも、rmanで制御ファイルの自動バックアップ設定をしておけば、 制御ファイルをそこからリストアできるらしい。 #自動バックアップの設…

気まぐれオラクル備忘録

である。 このブログで技術的なネタは正直ほとんど書いてこなかったので そろそろ技術ネタというか、自己研鑽的に気まぐれに綴っていこうと思う。 正直、かなり初歩の初歩である。 今回の備忘録のタイトルは 「OEMからデータベース起動しようとしたら上手く…

そこが知りたい!?オラクルのお話~その1~

オラクルDBについてのお話。 僕自身がつまづいたというかモヤっとしてた部分を、 今の時点での僕の認識で説明していきます。 オラクルDBの本当に初歩的なお話になります。 オラクルDBを始めた頃、とにかく色々な言葉が僕の頭を悩ませました。 オラクルに接続…